格安スマホおすすめプランランキング

格安スマホ徹底比較サイト | 最適プランの選び方

MENU

格安スマホでどのくらいお得になるのか?

格安スマホなら大手携帯電話会社の月額料金の半額以下に!!
格安スマホとは、スマホと格安SIMカードを組み合わせて月額料金を安くするプランのことです。
端末と合わせて通話料金プラン2,000円台が中心価格帯!

 

格安スマホ人気事業者一覧
ユーモバイル

【U-mobile(ユーモバイル)】
通話もできるネット使い放題プランが業界最安値!

ビッグローブ

BIGLOBE
通話の安さと大容量データプランが魅力!

ソネット

So-net
大手と同等の繋がりやすさと通信速度が人気!

エキサイトモバイル

エキサイトモバイル
1GB毎だからシンプルに安い!

トーンモバイル

TONE
TSUTAYA提携で安心サポートが魅力!

ユーキューモバイル

UQ mobile
最大の魅力は速度と安定!

オーシーエヌモバイルワン

OCN モバイル ONE
NTTコミュニケーションズが提供する安心感が人気!

ニフモ

ニフモ
ニフティが提供するお得な仕組みがうれしい!

ディーエムエムモバイル

DMMモバイルone
DMMの知名度とお得なキャンペーンが魅力!

マイネオ


満足度ランキング第一位獲得の魅力!

格安スマホはどのくらいお得なのか?
従来のスマホですと一般的な月額の通信費は5,000円から7,000円程度だと言われています。これを格安スマホに変更をするとかなりの部分で月額費用を安く利用することが出来ます。ただし、それもどのような利用をしているかで変わってきます。メールや通話程度しか日頃から利用していないのなら格安スマホにすることで月額1,000円から2,000円程度で納まってくるのは間違いがありません。使い方によっては月々の通信費を,1000円未満にまで節約可能!

 

また、コアというほどではない普通の使い方をしている人でも月額2,000円から3,000円程度で収まる可能性が高いのです。このように格安スマホがどの程度お得になるのかは、スマホをどのような使い方をするのかで変わってきます。それでも多くの人で費用的にメリットが出る可能性が高いのが格安スマホということになるのです。

 

 

スマホは相当に世の中に浸透しています。携帯電話というくくりで見てもスマホを持っている人の割合は相当に高くなっているということがわかっています。そんなスマホですが人によって使い方も色々です。メールに通話にアプリにSNSやゲームなど、ありとあらゆる機能を使い倒しているというユーザーもいればメールしかしない、電話しかしないといった一部の機能しか使用していないユーザーも存在しています。格安スマホはスマホを使い倒しているというユーザーには少し物足りないかもしれませんが、そうでない全ての機能ではなく一部の機能しか利用していなというユーザーなら検討してみる価値は非常に高いということが言えます。

 


格安スマホ選び方

格安スマホを選ぶうえで大事なポイント

格安スマホが世の中に出現して2年ほどが経過したということになりますが、参入してくる業者もそれなりに増えてある程度落ち着いてきたかのように見えます。多くの業者は端末と格安SIMカードをセットにして販売を行うというパターンが定着しつつあります。大手キャリアのスマホの端末とは違って格安スマホの端末は新機能満載でデザイン的にも先進の機種であると言うことを望んではいけません。基本的には旧機種で機能的には見劣りしない機種が用意されていると思っておいたほうが良いでしょう。この点は格安でスマホが利用できる一つの理由ともなるわけですので我慢しないと仕方がない部分だということが言えます。

 

格安スマホの機種を選ぶという段階において注意をしておきたいのはスマホで何をしたいのかということを最重点において考えて選択をするということです。特にデザインというものに重きを置き過ぎるとスペックが思ったようなものではなく利用しだしてから不満に思ったりストレスが溜まってしまうことになりかねませんので気をつけておきたいところです。

 

その中でもRAM容量というメモリの容量は特に気を回すようにしておきましょう。この容量が小さいと思ったようにアプリを動かせないといった支障が生じてしまう可能性が高いのです。できれば3GB程度は確保しておきたいところではないでしょうか。通話をメインとするのかメールをメインとするのかアプリの利用をメインにするのかなどで適している機種も変わってくるということになるのです。
料金の安さだけでなく、通信速度や安定などで人気の格安スマホをご紹介します。

 

BIGLOBE DMMmobile TONE

 

【BIGLOBE公式サイト】

月額プラン900円〜3,400円

 

【DMMmobile公式サイト】

月額プラン440円〜5,980円

 

【TONE公式サイト】

月額プラン1,000円

格安スマホに乗り換える方法

格安スマホに乗り換える手順
格安スマホが安いのはわかっているけど、乗り換えは面倒…という方は多くいます。
しかし、今使っている大手キャリアのスマホを利用して最大のネックは料金の高さということになります。その背景には端末の高さということも含まれるということになります。その意味で格安スマホは料金的に見て大きなメリットがあるといえます。大手キャリアのスマホの利用でかかる費用と比べると半分やそれ以下の経費で済む可能性が高いからです。
ここでは乗り換えに必要な物や手順をわかりやすくご説明します。

申し込み前に準備するもの

※プランによって必要な物が違います
MNP予約番号 番号そのままで乗り換える場合に必要。

現在契約中の会社、また受付店でMNP予約番号を受け取る。

クレジットカード 格安スマホはクレジットカード支払いがほとんどです。
メールアドレス 申し込み完了時等に連絡の取れるメールアドレス
身分証明書 運転免許証、パスポート(日本国旅券)、健康保険証等
端末 SIMフリースマホ

ドコモのスマホは使える場合が多いです。

MNPとは?
「MNP(携帯電話番号ポータビリティ)」とは、現在利用中の電話番号を変更することなく他社へ移ることができる制度のことです。MNPの正式な名称はモバイル・ナンバー・ポータビリティといいます。
携帯電話番号(モバイルナンバー)を持ち運ぶ(ポータビリティ)という意味です。


【格安スマホ乗り換えの流れ】

 

格安スマホに乗り換えるタイミング
格安スマホに乗り換えるには注意点として現状の大手キャリアのスマホの縛り期間というものがあります。
基本的には2年縛りを誰でもがされていると思います。途中で解約をするとかなり大きな解約金が発生するということになります。ですから、縛り期間が切れるときに格安スマホへの変更を考えるということがベストでしょう。

 

乗り換える際にはどことも契約をしていないという空白期間を作らないように予め端末と格安SIMカードを用意しておく必要があります。特にSIMカードはなんでも良いというのではなく自分が欲していることができる物を選ぶことが大切です。データ通信しか行わないのか音声通話も行うのかで選択するSIMカードは変わってくるのです。場合によってはデータ通信は格安スマホで通話に関してはガラケーにするといった2台持ちという選択も意外と安く付く可能性もあるのです。どの方法が自分に適しているのかは十分に調べて判断をしましょう。どの場合であっても格安スマホの利用に際しては大手キャリアのように手取り足取りのサポートはしてくれないということは理解しておきましょう。

 

富士通 arrows M03 HUAWEI P9 lite ASUS ZenFone Go

 

おすすめ通信プラン

BIGLOBE

UQ mobile

OCN モバイル ONE

ニフモ

DMMモバイルone

 

おすすめ通信プラン

BIGLOBE

OCN モバイル ONE

ニフモ

DMMモバイルone

 

おすすめ通信プラン

【U-mobile(ユーモバイル)】

UQ mobile

OCN モバイル ONE

ニフモ

DMMモバイルone

格安スマホの注意点

格安スマホのデメリットとは?

@携帯大手が提供しているメールアドレスが使えなくなる
A通話かけ放題プランがまだ少なく、通話料が高い
B支払い方法がクレジットカード払いが多い

 

格安スマホにしても大手キャリアのスマホにしても基本的にはスマホであることには変わりがないことになりますので、どちらの端末を使用していたとしても特に機能的に大きく変わってしまうというようなことはありません。ただ、従来の大手キャリアのスマホを使い慣れてしまっていると思わぬことで困ってしまうことがいくつか有ります。

 

 

デメリットを補う方法

大手キャリアのスマを利用していると自分専用のメールアドレスというものが付随してきますが、格安スマホに関してはメールアドレスはついてきません。しかし、それはフリーのメールアドレスを別で取得することで補えます。

 

また、格安スマホで通話機能付きのSIMカードを購入して利用することで従来のスマホのようにストレスなく通話をするのは可能となるのですが、大手キャリアのスマホのようにかけ放題などのプランはまだまだ少ないのですが、LINEやSkype、通話アプリを使うことで無料通話が可能になります。

 

格安スマホの支払いは、ほとんどクレジットカードになりますが、なかには口座振替やデビットカード、プリペイド等を利用できるプランもあります。
使い方にもよりますが、ほとんどの場合格安スマホに乗り換えてメリットのほうがデメリットを上回るでしょう。

インターネットが普及してきたのと平行して電話というものも大きく変わってきました。ほんの20年、30年前までは電話といえば各家庭に必ず固定電話があって外出先から電話をするのなら公衆電話からするということが当然でした。テレホンカードなども大ブームになったものです。ところが20年ほど前から携帯電話が普及しだして、様相は一変します。誰しもが自分専用の電話として携帯電話を持つようになってきたのです。そしてこの7、8年のスマホの普及へと繋がっていくのです。スマホはそれまでの電話やメール主体の携帯電話というイメージを一掃しました。通話やメールだけでなくインターネットもできれば専用のアプリをインストールすることでゲームを始め様々な便利で楽しい機能を利用できるようになっているのです。今やあれだけ普及してきたパソコンにも取って代わるような勢いのあるものとなっているのです。そんなスマホにも欠点はあります。本体機器が非常に高いということ、月額にかかってくるコストが高いということなどが挙げられ、各家庭においてもスマホを導入すると一気に通信費の費用が格段にアップしてしまい便利なのだけれども家計を圧迫しかねないものとして懸念されていました。そんな中で登場してきたのが格安スマホということになります。格安スマホはSIMカードの利用が前提となっています。通信をするためには必ず必要となってくるSIMカードを格安にすることで端末との組み合わせにより格安スマホというものは成り立っているのです。格安スマホは従来の携帯電話大手3キャリア以外の異業種の業者が基本的に参入して運用しています。料金プランも色々で、それぞれに個性的なプランを打ち出しているのですが、格安スマホを選ぶのであればどこでも良いということではないということは気に留めておくべきでしょう。通話がメインの人やデーター通信がメインで使用する人など利用の仕方はそれぞれです。自分にあった料金プランがある格安スマホを利用することが本当に格安でスマホを利用するポイントになるのです。